So-net無料ブログ作成
検索選択

カーセンサー.net簡単ネット査定

c-hr 内装 [c-hr 内装]

 外装がすごく派手な車だけに、内装とか居住性といった部分は二の次になっているんじゃないかと思ってしまうんですが、実はちゃんと考えて作られているんですって。

 もちろんクーペ形状なので、サイドウィンドウは小さめですし、ラゲッジにはゴルフバッグが1つしか入らないそうです。ただ乗ってみると、意外と狭いなぁと感じることはなく、十分なスペースがあるんですって。


img1_rsz.jpg
出典:toyota公式サイトより

 シートはホールド性に優れたスポーティシートで、S/S-Tはファブリックシート表皮、G/G-Tは牛革+上級ファブリックシート表皮。ロングドライブでも疲れにくい設計になっているそうです。

 スポーティな雰囲気の車だから、ハードで無機質な感じの内装なのかなと思いきや、デザインコンセプトは「センシュアル-テック」というだけあって、質感もよく、大人っぽくて、かつ先進的な感じですごくいいんじゃないかな。

 C-HRのインテリアカラーは、公式サイトでは確認できなかったのですが、リコリスブラウン、アナダイズドブルー、ブラックの3色になるという情報があるようです。

 見た目と走行性ばかりに目がいってしまいがちですが、内装も結構いいみたいですね!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。